トニー・パス・バンジョーリムの廉価版が発売されます

ご好評をいただいているトニー・パスのリムですが、この度、お求め安い廉価版『TPSリム』が発売されることになりました。

トニー・パスのリムが多くのプレーヤーやメーカーから高く評価される中、ブロックスタイルのリム自体の評価が高まり、それにつれて、ブロックリムを製作・販売する人が増えてきました。しかし、彼らはhobby builder(注1)と呼ばれる人たちで、低価格が魅力ですが、製法や品質において、トニーのブロックリムには遠く及びません。

  注1: 「あれくらいなら、僕でも作れる」と見よう見まねで、趣味で作って
      いる人たちをさします。(定年後の趣味として始める人が多いよう
      です) 言ってみれば、トニーも最初はhobby builderからスタートし
      たわけですから、すべてを否定することはできませんが、中にはク
      ラフトマンシップからは程遠い、低品質のものを販売している人も
      いるので要注意です。インターネットの存在により、楽器製作に携
      わった経験が皆無のhobby builderでも、簡単に“メーカー”になれ
      る時代になりました。
      (ビルダーについても同様です。良いのか悪いのか。。。)

しかし、「それでも、安い方がいい」という方がいらっしゃるのも事実なので、トニーも廉価版『TPSリム』の販売に乗り出すことになりました。トニー曰く、“トニー・パス・バンジョーリム品質のバンジョーリム”だそうです。『TPSリム』のTPはTony Passのイニシャルだとすぐに分かりますが、Sって何でしょう。実は、トニーがビジネスを立ち上げた当初から一緒に働いてきたKeebey Schaefer(キービー・シェイファー)のイニシャルです。ずっと一緒に仕事をし、現在、トニー・パス・リムの接着をすべて担当しているキービーは、トニーのビジネスパートナーとなり、『TPSリム』の開発にもトニーと共にあたりました。

価格はトニーと最終の詰めを行っていますが、38,000円(注2)を予定しています。通常のリム同様、お客様の現在のパーツ(トーンリング、リム、フランジ)をアメリカに送る必要がありますので、別途6,000円がかかります。

  注2: トニーの通常のリム同様、この価格には塗装も含まれています。

気になるのは、オリジナルとの違いだと思いますが、主に2点が異なります。

 

その1
トニー・パス・バンジョーリムは、3層のブロック層からできていますが、TPSリムは2.5層です。「2.5層って何?」って思いましたが、TPSリムの場合は最初に5層のものを作り、それを2つにカットしてリムを作るために2.5層になるそうです。

その2
トニー・パス・バンジョーリムの場合は、普通のリムスタイルとThinSkirt(シンスカート)のお好きなほうをお選びいただけますが、TPSリムの場合は普通のスタイルのみです。



ブログでトニーのリムを紹介しながら、トニーのリムについて熟知したつもりだった(R)ですが、今回記事を書くにあたり、また新たなことを知りました。廉価版の登場が朗報となる方々もいると思いますが、逆に、トニーのリムがどれほど丹精込めて作られているのかを改めて知らされた気がします。

『TPSリム』は、まだトニーのHPでも紹介されていませんが、一部のメーカーにはすでに出荷されています。入手はすでに可能ですので、興味のある方はご連絡ください。(R)


画像


ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 6

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック