デザートローズ・バンジョー

アクセスカウンタ

zoom RSS レコーディングキングの新モデル(ハーツ&フラワー)

<<   作成日時 : 2014/01/15 16:16   >>

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 6

NAMMショーの時期が近づいてきました。レコーディングキングが展示する新モデルも完成したようなので、写真をご紹介します。


むしろ「どうして今までなかったわけ?」という感じがしますが、ご要望が多かったというハーツ&フラワーの登場です。


画像


画像




こうした正統派を展示する一方、写真を見たとたん、思わず飲んでいたコーヒーを噴出したのがコレ↓


画像


画像



いや。。。あの。。。 

でも長いこと見ていると「黒はもちろん、クリームもなかなかシックでいいかも」なんて思ったり。(見慣れるって怖いわ〜。でもブルーはスルーよ。(笑)) 

画像



コメント欄が恐ろしいですが(苦笑)、これは多分、日本では発売されていないどちらかというと低価格帯のバンジョーだと思いますので、そのつもりで「こういう遊びもアリかな」と楽しんでください。


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
面白い

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
ハーツアンドフラワーの1フレット目にインレイがないのがGOODですが(オリジナル通り)、ヘッド・ストックのインレイは、白蝶貝ではない様に見えますが?

2014/01/15 17:10
バンジョーに馴染みの無い方には、バンジョーは丸くて、白くて、陽気な音のする楽器ぐらいの認識なんですよねー。たまにゴールドモデルをみせると「ゴージャスだねー
お金持ち用?」何て言われます。カラーバリエーションもっとあっていいと思いますよ。テレキャス、ストラト、レスポールなんて、色選び楽しそうだけどなー。でも私バンジョー以外の弦楽器全く弾けないんです。
mori
2014/01/15 22:40
稲さん

RKがその点に触れておらず、画像からの推測になりますので詳細は差し控えますが、スコットもこの写真を見た
とたんインレイに目がとまったそうです。スコットの推測では、素材は白蝶貝、でも手法が違う(←近年、特にアジアで作られる楽器に採用されている手法)とのことです。ヘッドストックに関してのみですが。
R
2014/01/16 11:46
moriさん

色選びで楽しませるには、定番色以外の選択肢も入れておくことが重要ですよね。客の立場からいうと、仮に最後には結局オーソドックスなものを選んだとしても、それまでの過程で、「ん〜、思い切ってピンクにしちゃおうかな。グリーンも変わってて面白いかもしれないな。あ〜、でもやっぱり黒が安全かな」みたいに楽しく悩む時間があって、それでもやはり定番の色を選びとった、という感覚が満足感につながるような気がします。でも中には「ブルーがいい!」って選ぶ人もいるのかもね。目立つことは間違いなし!(笑)
R
2014/01/16 12:01
HFモデルはエリートのバリエーションですか?ヘッドのロゴがいい感じですね。
カラーバリエーションは、ここまで明るい色だとちょっと...ですが、昔のRB-11のような感じだとアリじゃないかと思います。メイプルのトラ目がきれいに出るようなエメラルドグリーンなんかはステージ映えしそうですから良いんじゃないかなと思います。
でも、オーソドックスな色が長く弾く楽器としては飽きがこないのでしょうね。

2014/01/16 22:23
フライングイーグルのエリートが登場して以来、ハーツ&フラワーを望む声が多かったようです。新カタログがまだ出ていないので未確認ですが、おそらくエリートと同じ価格帯になるのではないかと思います。

このカラーバンジョーは低価格帯のモデルなので、一生物を選ぶということではなく、良い物を手に入れるまでの物として買うか、メインのバンジョーとは別に遊び心で買うかのどちらかなのでしょうね、きっと。そう考えれば、思いっきりぶっ飛んだ色も楽しいかも!
R
2014/01/16 23:18

コメントする help

ニックネーム
本 文
レコーディングキングの新モデル(ハーツ&フラワー) デザートローズ・バンジョー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる