デザートローズ・バンジョー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【カスタムショップの現場から】桜&キジ、そして、ゴージャス彫金!

<<   作成日時 : 2011/09/05 00:22   >>

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 10

先月完成してお客様に引渡しが済んだ、カスタムインレイのデザートローズ・バンジョーをご紹介します。


画像




昨年の東京のイベントでデザートローズを試奏してくださり、即オーダーをいただきました。音に対するこだわりをお持ちなのはもちろんですが、外観に関してもさまざまなご希望があり、オプションてんこ盛り(笑)のゴージャスな1本です。「オプションって、どんなものがあるの?」という方に、オプションの例を説明するにも良い1本なんじゃないかということで、そのへんも合わせてご紹介していきますね。


インレイは、相変わらず根強い人気の桜&キジ(オプション)です。ヘッドストックにはバインディング(オプション)をつけ、ロッドカバーもオプションで本物のMOPを使用しています。バインディングはアイボロイドです。


画像


画像



材はマホガニーで、リゾネーターはバール・マホガニーです。画像ではわかりにくいですが、キースチューナー(2&3)(オプション)がついています。

画像




今回、特に目立つのが、彫金オプションです。トーンリング、テンションフープ、フランジ、アームレスト、テールピースと、すべてに見事な手彫りが施されています。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



綺麗でしょ〜? メッキが済んで仕上がったパーツを初めて見たとき、大げさじゃなく、一瞬息が止まり、その後はため息の連発でした。接写↓しても、ここまで美しいなんて、すごくないですか? で、実物を見ると、今度はその小ささにビックリしますよ。こんな小さい図案に、よくぞここまで細かく彫り込んだものだ、って。ほんとに繊細で、透明感があって・・・ まるでクリスタルガラスのようでした。

画像


画像


画像


画像


画像


画像


画像



ようやく完成したバンジョー、あまりの美しさに思わず「ああ、手放したくない!」と思っちゃいましたが(笑)、わざわざ松本まで引き取りに来てくださったので観念しました。


許可をいただきましたのでご紹介しますと、ニューアップルシードの伊藤さんです。たまたま私も予定があいたので、弾き初めの場に居させていただき、静かに感動を味わっていました。


画像



そしてバンジョーは、ティアドロップのプライスケースに収まり、伊藤さんと一緒に新天地へと旅立っていったのでした。。。

画像



箱根フェスに間に合えば持っていきたいというご希望があり、その予定で仕上げ作業をしていたのですが、悪天候の確率が高い(?)箱根フェスということもあり、デビューは少々延期となりました。スコットも、真新しいバンジョーを野外に持ち出すのは心配していたので、結果的によかったですが。 最新情報では、10月のロッキートップ出演時を目標に、バンジョーを慣らしている真っ最中だそうですよ〜!



  









月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
ナイス

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
これだけすごい彫刻なのに、ゴールドメッキでないところが、またGOODですねー!

2011/09/05 00:36
稲さん、めずらしい時間にご登場ですね。 

私もこれはゴールドよりニッケルのほうが綺麗だと思いました。一見いろいろ詰め込んでいるようで、抑えるところは抑えていらっしゃるので、品良く美しいですよ〜。

稲さんから質問される前に答えておこう、っと。(笑) トーンリングはデザートローズ、リムはもちろんトニー・パス(シンスカート)、Zブリッジはバーチですよ〜。
R
2011/09/05 00:44
おーっと、Zブリッジの高さは、11/16ですかー?

2011/09/05 01:13
デザイン、シェイプが繊細で、文様の美しさがきわだっていますね。まるでガラス工芸品を見ているようです。美しさを維持するのに日頃の手入れが大変そう?
こばやし
2011/09/05 07:53
稲さん

おっと、それがあったか。 するどい突っ込みですよ!

デザートローズ、通常は11/16が標準ですが、実はこのバンジョーに関しては、伊藤さんのご指定で5/8なんです。
R
2011/09/05 08:14
こばやしさん

こちらも、するどい突っ込みで。

きっと大事に手入れしてくださると思いますが、それでも使用すればメッキは変化していくでしょう。特にアームレストの変化は避けられないですね。(どなたのどのバンジョーを見ても、一目瞭然) 

でもそれも、楽器であるバンジョーの勲章の1つなんじゃないかしら。 オーバーホールでお預かりするバンジョーには、その歴史をうかがわせる経年の跡があちこちに見受けられますが、新品のバンジョーとは別な美しさがあるなと思ったりします。

2011/09/05 08:47
その美しさに....
そして 我が相棒をみながら 微笑ました
痘痕もえくぼ(別な美しさがあるなと)
柴又
2011/09/08 23:09
おっしゃるとおりです。どちらのバンジョーも、いっぱい弾いてもらって、大事にケアもされて、幸せな楽器ですね。同モデルのバンジョーがズラ〜っと並んでいても、「僕の相棒は一目で分かる」って感じなのでは?

デザートローズも、お客様の好みに合わせていろんなタイプのものを作ってきましたが、それぞれの美しさがありますよ〜。
R
2011/09/09 00:00
こんな質問を勘弁して下さい。彫金のデザインもスコットさんオリジナルなんですか?あまりの美しさにイヤー吃驚で言葉がありません。
関東Lee
2011/09/12 09:19
残念ながらオリジナルデザインではありません。けっこう多くの方がご存じなのではないかと思いますが、以前FQがレーザー彫金をやっていた時のデザインの1つがベースになっています。
R
2011/09/13 10:28

コメントする help

ニックネーム
本 文
【カスタムショップの現場から】桜&キジ、そして、ゴージャス彫金! デザートローズ・バンジョー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる