デザートローズ・バンジョー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【修理の現場から】ネック修理

<<   作成日時 : 2011/08/17 23:44   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 6

さ〜て、画像をよく見てください。このネック、どこを修理したか分かりますか〜?

画像

画像

画像



実は、このネック、立てかけておいたバンジョーが倒れてしまったた際に、}ヒールが割れてしまったのだそうです。


画像


所有者の方にとってとても大切なバンジョーで、ネックの交換も覚悟していらっしゃったのですが、修理で十分対応できると判断し、作業させていただきました。


幸い、早めにご連絡をくださり、お預かりするまでこちらの指示に適切に従ってくださったので、割れた面がほぼぴったり重なりました。(時間が経ち過ぎていたり、その間の保管状況が悪いと綺麗に直りませんので、万が一の際には、どうぞお気をつけくださいね) 

ただ接着するだけでは強度が足りませんので、ヒールキャップを削り取り、ダボを入れて補強してから、新たにヒールキャップをつけました。

以下の写真は、接着とダボ入れが終わった時点のものです。(ダボを入れた写真は、ご本人にはお見せしておりますが、ブログでの公開は控えさせていただきます。)


画像


画像




さあ、ここまでくれば、あとは表面を軽くサンディングして、いよいよ塗装です。

画像



幸い、このネックの場合、ヒール部分が濃い色だったので、修正しやすいケースではありました。どうですか、全く分からないでしょ?

画像


画像




傷が完治して、元気に退院です。 まだご本人には連絡していないので、このブログをご覧になって驚くかな〜。喜んでいただけるといいけど!


もう1本、ネックの修理が終了したので、近いうちにアップしますね〜。




月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
すごいですね。全く修理したのが分かりません。

2011/08/18 06:45
修復の写真を見るたびに職人としての技術の高さがうかがえます。
こばやし
2011/08/18 07:14
ありがとうございます。所有者の方のご意思もありましたが、これは少しお金をかけてでも綺麗に直してあげるべき(サリバン)バンジョーでしたので、その方向で修理しました。

この修理はいくつかの点で運がよかったのですが、それは、

(1)比較的早く連絡をくださったこと(割れた部分が長い間空気にさらされると、ぴったり戻らなくなります)

(2)ご自分で何か修理をしようとなさらなかったこと(不適切な修理剤が使われてしまうと、かえって大掛かりな修理になったり、綺麗に直せなくなってしまうことがあります)

(3)ヒール部分が濃い色であったこと

等です。(1)と(2)は重要なことで、今後修理をご依頼くださる方にはぜひ知っておいていただきたいことです。ぜひ覚えておいてくださいね。

R
2011/08/18 08:32
材質と言いますか 木材の神秘 可逆性を知り尽くした職人技ですね 
柴又
2011/08/20 22:11
褒めていただき過ぎですが、一見かなり大きなダメージのようでも、こうして直すこともできるので、即あきらめる必要はないということを知っていただきたくて、ご紹介しました。

もう1本、ご紹介しますからね〜!

R
2011/08/21 00:00
木という材料は、本当に偉大ですねー。技術によってほぼ完全に元に戻すことが出来るのですから。(あのビルモンローのマンドリンの様に)

2011/08/21 15:16

コメントする help

ニックネーム
本 文
【修理の現場から】ネック修理 デザートローズ・バンジョー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる