デザートローズ・バンジョー

アクセスカウンタ

zoom RSS 展示作1「シルバラード」がほぼ完成!

<<   作成日時 : 2011/05/15 15:57   >>

トラックバック 0 / コメント 22

今度の土曜日にせまった『TOKYOハンドクラフトギターフェス2011』に展示する1本「シルバラード」が、ほぼ完成しました。今、急いで写真を撮っているところなので、少しずつアップしていきます。


「ほぼ完成」と書きましたが、実はまだトラスロッドカバーがついていません。で、カバーを模った紙で代用しております。わざわざ、しっかり見ないように!(笑)  本当は、カバーのデザインをちょこっと変えようと思って準備していたんですが、今からジグを作るのではまず間に合わないだろうということで、今日、断念しました。 展示会が終わってから、取り替えようっと。。。


もう1本のワイルドローズ(ウォルナット)も、滑り込みセーフで間に合いそうです。(今年は私もギターフェスに行こうと計画してるので、イベント前に写真をアップできるかビミョーなところですが、ぜひ見ていただきたいので、最後まであきらめず頑張ります!) 

 
画像



画像


デザートローズ・バンジョーをご注文くださる方の中には、ヘッドストックにバインディングのオプションを追加される方が少なくないのですが、現行モデルのインレイデザインだと、正直なところ、スペース的にきついんです。(特にワイルドローズの場合は、いくつかのピースを抜かないとおさまりません) ということで、シルバラードは、ヘッドストックにバインディングを入れても差し支えないデザインであることを少々意識して作りました今回は間に合わなくてバインディングをつけていませんが、つけるとグッと華やかになりそうです。
画像



画像



画像



画像



画像



シンプルなデザインですが、ブロックの中をくり抜いた、よく見るとかなり繊細な作りになっています。これほど繊細なカットを寸分の狂いもなくできるのは、やはりコンピュータならではです。現代だからこそ可能な、こんなインレイも面白いでしょ?

画像


12フレットには、おまけのインレイが両脇についています。
画像


画像










月別リンク

コメント(22件)

内 容 ニックネーム/日時
ちょっと変わったインレイですね。(昔のインベーダーゲームみたい)Rさんもギターフェスに来られるのなら、何としても行かなくちゃです。(多分日曜の午後2番くらい)

2011/05/15 17:41
完成品を眺めるとウッドバインディグがアクセントになって、洒落たインレイがお似合いで、ヒールのアクセントに茶目っ気を感じます。
こばやし
2011/05/15 22:17
稲さん

インベーダーですか? カミソリの刃って言われるかと思ってました。(笑)

今年は何とか時間が取れたので、行く予定でいます。お会いできるの楽しみにしています。
R
2011/05/16 01:14
こばやしさん

こばやしさんに言われるまで、ヒールのインレイのこと忘れてました。 (ちゃんと写真撮らなかった〜) シンプルと見せて、実はあまり見えないところにちょこっと入れて・・・という遊び心です。

すでにビクトリア調の凝ったワイルドローズもあるし、ギブソン系のインレイもあるし、どうせ導入するなら、まずは全く異なるもにしたかったんです。ブログ内に写真を追加しておきますが、このインレイは、コンピュータ制御によるカットができる現代だからこそ可能なインレイで、伝統的要素を残しつつも、新しさやオリジナリティを取り入れてみました。


2011/05/16 01:33
このデザインは、オリジナルですか?確かに、カミソリの刃とも思いました。その後、よーく見ていると、あの「ボータイ」の変化パターンかな?とも感じました。何にしても、新しいチャレンジは素晴らしいことですね。

2011/05/16 08:01
今回のデザインは、アメコミの正義に味方の変身マスクの様な気が、でも、かっこいいですね。
ばくちゃん
2011/05/16 08:30
100%オリジナルですよ〜。皆と同じものはイヤっていう方はけっこういますから、今回は、「他のメーカーには無いものを!」という方向性をチョイスしました。

最初はすべて普通のMOPの予定だったのですが、最終段階で、ヘッドのデザインの1ピースと、12フレットの両脇の2ピースはグリーン・アバロニにしてみました。アイディア次第で、いろいろなバリエーションもできそうです。


R
2011/05/16 08:58
ばくちゃんさん

変身マスクですか? それは新しいパターンです。さ〜て、この後、まだどんなものが挙がるやら。(笑)

2011/05/16 09:08
お久しぶりです!

私も仮装用のアイマスクを連想しました。
8フレット分16個の目に「お前ちゃんと弾けよな!」ってにらまれてるみたいです。(笑)

土曜日に錦糸町まで行けたら行こうと思っています。
Fumi
2011/05/16 09:54
あっ,22フレットにもあるのかな。
そうすると九つだから目は18個ですね。
Fumi
2011/05/16 09:59
中の切り抜き部分を「イカくん」(イカに似ている)から「サカナくん」にするバージョンも良いかなーと思いました。(私の知る限りでは、サカナのインレイは見たことがないからです)この中抜き部を変えることによって、色々なバージョンが出来そうですね。

2011/05/16 11:38
Fumiさん

こんにちは〜。Fumiさんもマスクですか。 「18の瞳」ですね。

私は土曜日当日の朝、松本から行くんですが、迷わなければ開場(11:00)ちょっと過ぎには着けるかな〜と思ってます。お目にかかれるといいんですけど!

2011/05/16 11:40
イカぁ?!(爆) このデザインに決まるまで、結構いろんなデザインを考えて試してみたんですよ。イカ君だけでもちょこっとずつ変えた多くのバージョンがあったのですが、全く別タイプの中には、「白鳥」に見えるバージョンもありました。 もろ、カミソリの刃みたいのもありましたけど。



2011/05/16 11:49
ブログのマニアックな皆さん、いつご来場ですか?というメールをいただきました。毎年、1年に1回、ギターフェスでのみ顔を合わせるのが恒例となりつつある方もいらっしゃると思います。ご予定分かる方は、知らせてくださいね〜〜!

R
2011/05/16 12:23
ちょっとご無沙汰してしまってる間に盛り上がってますね。確かに私も仮装マスクかとちょっと思いました。このデザインならベグヘッドをボウタイのようにギタータイプにするか、フィドルシェイプにしても似合いそうですね。

「ほぼ平頭」は組み立てられるとそんなに気になりませんね。ところで、組み立てられたバンジョーはやはり軽いですか?

2011/05/16 17:46
ご無沙汰です。
一つの楽器を造る(創る)楽しみと御苦労と
それを育てる楽しみを感じました。インレイは魅力的なメンち切りですね!
柴又
2011/05/16 21:20
このインレイのデザインは、特にアメリカ等の海外ではウケルかもです。(少しファンキーな感じがするのと、今迄に全くない顔的なシェイプ)また何と、12フレット目には、ちゃんと耳まで付いているのですね。そして、もっとシンプルなデザインが好みの方には、中抜き加工のないタイプもGOODだと考えます。

2011/05/17 07:47
松さん

マスクというご意見が多いようですね。着手時はまさにカミソリの刃という感じだったので、うちでは別名レーザーブレードで通っていたのですが、今日からゾロに改名しようかしら。 

「ほとんど平頭」は、普通のポットよりも馴染むまでに時間がかかるのではないかと予測しているのですが、昨日あたり、少し音が変わってきた気がします。(音量も出てきたし、スコットが言うとおり、金属製トーンリングが無いという感じがしないです) 良くも悪くも、現段階の音を週末皆さんに確認してもらって、また来年、1年経った音も確かめていただきたいですね。やっぱり軽いですよ。
R
2011/05/17 08:47
柴又さん

> 一つの楽器を造る(創る)楽しみと御苦労と
それを育てる楽しみを感じました。

分かっちゃいました?(笑) 大手メーカーならそれぞれの専門家が自分の得意分野を担当すればいいわけですが、うちの場合だとすべて自分たちでやらなければならないので大変です。(ギブソンバンジョーを立て直したと評価されるグレッグ・リッチだって、実際にはアート面のみの担当ですよね。エンジニアリングとは一切関係ありません。) でも、苦労した分、かわいいヤツです。

> インレイは魅力的なメンち切りですね!

メンチ切ってました?(笑)そういえば、Fumiさんもにらまれてるみたいだって書いてましたよね。

2011/05/17 08:59
稲さん

確かに、中抜き無しでも綺麗だと思います。もともと、このブロック自体のデザインが気に入ったところから始まりましたので。ただ今回は、「今の技術ならこんなこともできるんですよ!」という意味も込めて、中をくり抜くことにしました。シンプルなだけに、どこかを変化させてバリエーションをつくりやすいと思います。

> 12フレット目には、ちゃんと耳まで付いているのですね。

なるほど! 言われてみれば、確かに耳だ。(爆)

2011/05/17 09:06
グレッグ・リッチの奇抜い楽器ありましたね。
シルバラードの音色、変化、非常に興味湧きます。
年をとると コペルニクス的転回が困難になりますが
普段のこだわりは大いに認めるものの、ちょっと飛んでもよいかなと思いました。
(表現も古い....)
柴又
2011/05/17 20:43
彼は本当に非凡なアーティストですね。(しかも、ササッといとも簡単に、短時間でやってしまうそうです。)自身の服装もオフィスの内装も奇抜で、遊び心いっぱいです。(笑)

R
2011/05/18 09:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
展示作1「シルバラード」がほぼ完成! デザートローズ・バンジョー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる