デザートローズ・バンジョー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【カスタム製作の現場から】Bella Voceのネック(2)

<<   作成日時 : 2011/01/14 18:49   >>

トラックバック 0 / コメント 5

先月、アメリカのアーティストのところへ送ることができないと大騒ぎしていたBella Voceネックですが、その後、無事に発送し、彩色が終わったとの連絡が入りましたぁ! 送ってきてくれた写真を見た私は、マジで感激しました〜〜!!




まず、改めて、オリジナルのBella Voceをご紹介しましょう。
画像





これだけの時を経て、この良好な状態は信じられないくらいですが、それでも当然のことながら、赤や緑の色彩の一部は失われています。ネックだけいかにも「今年作りました」ではバランスが悪い。しかし、この仕事を任せられる適任者はどこにいる・・・と悩んでいたところ、灯台下暗しで、彫刻を頼む予定だった方が、もう1本、Bella Voceを頼まれていて、そのネックは色もつけるとの話! これはもう、この方に頼むしかないでしょ〜、ということで、急遽、決定したのです。(うちのは2本目になる、というのも安心材料ですしね





えっ?、また前置きが長い、って?





はいはい、では、写真をご覧にいれますね!











画像




画像





どうです! 絶妙な色のかすれ、まさに、匠の仕事ではありませんか?



特に、このネックは、状態の良いリゾネーターと組み合わせることになるのですから、オリジナルネックの状態よりも、リゾネーターとマッチすることが重要です。そのへんも、ちゃんと考えた上でのさじ加減には、まさに脱帽です。


あとはクリア塗装すれば、いよいよ組み立てです。なが〜いことお待ちくださったHさん、辛抱強くお待ちくださり、本当にありがとうございました。でも、待った価値は十分あると思いますよ!


このアーティストには、現在、カスタムバンジョーの彫金もお願いしているところです。Iさん、待っててくださいね〜!




月別リンク

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
彩色すると彫刻の美しさがいっそう引き立ち、リゾネーターとも完璧なマッチングで違和感のない発色ですね。
こばやし
2011/01/14 20:43
彫刻を細部まで見ると、オリジナルよりも数段素晴らしい彫刻です。 彩色も期待以上の仕上がりです。早く完成した姿が見たいなぁ。必ず写真撮ってアップしますから、楽しみにしていてくださいね!
R
2011/01/14 21:53
素晴らしいですね。実物を見てみたいです。
ばくちゃん
2011/01/17 15:05
「なんということでしょう〜」なんてナレーションが聞こえてきそうですね。

2011/01/17 18:33
「ギブソンは楽器を作っていたのであって、歴史を作っていたわけでも、コレクション品を作っていたわけでもない」とは言うものの、Bella Voce、Florentine、All American なんかは全くの別路線ですよね。派手さが好みに合わない方もいるとは思いますが、飾っておくだけで1つのアートとして成り立つのはさすがです。普段のリプロ製作とは一味違ったプロジェクトで、横で見ているだけでも非常に面白かったです。

そういえば、どんな音がするかということはほとんど考えてなかったけど(笑)、完成したら、さて、どんな音がするんでしょうね。 
R
2011/01/17 19:22

コメントする help

ニックネーム
本 文
【カスタム製作の現場から】Bella Voceのネック(2)  デザートローズ・バンジョー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる