デザートローズ・バンジョー

アクセスカウンタ

zoom RSS 【修理の現場から】ネジ1本に。。。

<<   作成日時 : 2010/08/12 12:23   >>

トラックバック 0 / コメント 18

今日は、ある意味、マニアックな修理ネタをご紹介します。



これまでにも何度かふれてきましたが、おかげさまで、セットアップ(オーバーホール)や修理のご依頼をたくさんいただいております。(ありがとうございます!) できるだけ早くお返しできるよう努力してはおりますが、時々、この私でさえも「スコットったら、一体、何に手間取ってるんじゃぁ?」と思うケースがあり、「○○さんのバンジョー、まだなの〜?」とスコットを2、3日置きにせっつくことになります。(この2、3日置き、というのがけっこう大事。1日置きだと、うるさがられて、かえって相手にされなくなるのぉ。 まあ、多くの作業を平行して扱っているので、結局は毎日何かしらの件でせっついてるんですけどね。ヘヘッ )



ようやく作業が終了すると、その時点で初めて、作業がつっかかっていた理由を教えてくれるんですが、聞いてみると「なるほど」と納得。結果だけ見ればささいな事なのですが、最終的に1つの方法を選ぶまでに、「もっといい方法はないか」とか、いろいろ考えるみたいなんです。修理、特に、交換パーツが入手できない古いバンジョーの修理は、毎回、試行錯誤のようなので。。。 昔の国産バンジョーの修理に関しては、苦労ネタが山ほどあるのですが(笑)、徐々にご紹介していくとして、今日は記憶に新しい「ネジ1本でぇ?」というお話を。



お預かりしたバンジョーは、リゾネーターをポットに取り付ける金具のネジが1つ欠損していました。
画像



「そんなの、ネジだけ新しいのをつければいいんでしょ?」と思われるでしょうが、一見同じデザインなのに、ネジのサイズが一般的に使われているものと微妙に異なり、わずかに大きくて入らなかったのです。スコット曰く、多分、日本製かアジア製で、ミリ規格なのだろうとのことで、もしかしたらホームセンターでこれに合うネジが見つかるかもしれないと説明させていただきましたが、それを探すのも大変ということで、結局、金具を4セットまとめて交換することになりました。(見た目もありますしね)
画像



決まれば作業は簡単、と私は思っていたのですが、作業終了の報告がなかなか入ってきません。そろそろせっつかねばと思った矢先、ようやく終了の目処がついたと言われ、そこで初めて、スコットが何に苦労していたかを知りました。


リゾネーター側に取り付ける金具をすべて交換し、ポットをのせてネジをとめようとしたところ、1本が利かなかったんだそうです。その原因は、リゾネーター側の金具の取り付け位置(穴を開けた位置)の1つが、かなり下にあり、ネジのほんの先っちょしか入らないことにありました。

通常は、このくらいの位置についているべきなんですが、
画像


問題の1つは、かなり低い位置に取り付けられていました。
画像



困ったスコットは、何か使えるネジはないかと、そこら中引っ掻き回して探してみたそうです。その結果、以前に作ったRKカスタムバンジョーか何かに使っていたネジが、うまく機能したというのです。(「唯一、このネジだけが」だそうです。ラッキー!) これで、めでたく作業終了。




ここで皆さん、その、唯一機能したネジとは、他のネジとどこが違ったのかって興味あるでしょ? スコットに見せてもらいましたよ。これです。ジャ〜ン。

画像



理由、わかりましたか〜? 左が利かなかったネジで、右が今回のヒーローとなったネジですよ。

画像


そ〜なんです。唯一機能したネジは、先が面取りされていないタイプで、ねじ山が2つくらい多いんですよ。スコットは、これを探していたんですね! 

金具自体を上に付け替えるという選択肢もあったと思いますが、穴を塞いで、穴を開け直し、塗装も少し手直ししなければいけないかもしれません。修理跡を作ってしまうことになるわけですし、その作業代もお客様にご負担いただかなければならなくなる。。。 なので、できればそれは避けたいと思って、ネジを探し回っていたみたいなんです。


こんなふうにあれこれ考えている期間、スコットは私にも何も話してくれないので、時にはイライラ待つことになるのですが、皆さんの(バンジョーの)ためを思って試行錯誤しているようなので、皆様にもご理解いただければと願いつつ、1つのエピソードとしてお話させていただきました。


そういえば、お客様にお願いしたところ、取り外した金具を快く譲ってくださいました。この特殊なサイズが、いつか、どなたかのバンジョーを救ってくれるかもしれません。どうもありがとうございました。


以前は、あっちもこっちもガラクタだらけで・・・と思っていましたが、これからはもう「捨てなさい」なんて言いません。  


でも、せめてもう少し整理してほしい。。。









月別リンク

コメント(18件)

内 容 ニックネーム/日時
ほんの些細なことも、見逃さずネジ一本でも納得するまで仕事をする心意気、ガラクタの山を宝の山に変えて、バンジョーに新たな生命を吹き込むスコットさんの職人魂お見事です。暑さに負けず獅子奮闘ですね。
こばやし
2010/08/12 18:00
こばやしさん

皆さん、里帰りか休暇でお留守だろうな〜と思ってたので、早速のコメント嬉しいです。

古い楽器の修理って、多くのケースで、この「ネジ1本」みたいな小さなことがカギになります。スコットには悪いですが、私は毎回「ホェ〜、面白いなぁ」と思ってます。(笑)

>バンジョーに新たな生命を吹き込む

私が言うのもなんですが、確かに、東海、春日・・・長いこと眠っていた何本ものバンジョーがバリバリの現役バンジョーに再生するのを、この目で見てきました。昨日も、Tokaiバンジョーをお返ししたお客様から、「早速弾いてみましたが、調整でこんなに良くなるのかと、驚きでいっぱいです!」という嬉しいメールが届きました。暑さも疲れも吹っ飛びますね〜。スコットも喜んでましたよ。
R
2010/08/12 18:53
う〜ん、すごい!
そう言えば、以前にスコットさんに差し上げる約束をした「Price」のテールピースが未だ私の手元にあります。(全て、カーシュナーに替えたからです)今度、そちらへ伺える時に持って行きます。

2010/08/12 20:30
稲さん

ありがとうございます。最近も、宝の山から探し出したネジがドンピシャリで、Tokaiバンジョーのテールピースが助かりました。もし稲さんのお家の引き出しの奥でただ眠っているだけなのなら、ぜひご協力ください。
R
2010/08/12 21:30
Rさん、もちろんです。
少なくても2つあります。(本当は3つあるはずなんですが)また、他にも何かお役に立ちそうな物があったら、その時に持って行きますね。

2010/08/12 21:46
本当にありがとうございます。
かかりつけのBJ工房!
TOKAI KASUGA と言えば[JUNE APPLE]や[BANJO PACKAGE]
懐かしいです。
柴又
2010/08/12 22:14
Rさん
ネジひとつまで、気を配っているデザートローズ楽器さんはすごいです。
自分のバンジョーもよろしくお願いします。
ばくちゃん
2010/08/12 22:17
柴又さん

2本のバンジョー、調子はいかがですか? 人間ドックならぬ、バンジョードックを済ませて(笑)安心してお弾きいただけると思いますが、調子が悪かったらいつでも連絡くださいね。

ばくちゃんさん

ネジの面取りの有無でこういうことがあるんなて、面白いでしょう? 以前に比べればかなり作業内容を私に報告してくれるようになりましたが、基本的には「作業内容の全て報告なんてできないし、する必要もない」と考えている人なので、本当はもっと沢山、このネジのような話があると思うんですけどね。『全体のバランス』と『細部』の両方に気を配って仕事をしてますから、安心してお任せください。。。な〜んて勝手なこと言ってたら、調子に乗るなってスコットに怒られるかな?(笑)

2010/08/13 00:42
2本とも調子よくご機嫌です。
あのミディアム絃のゲージは奥深いです。
弾きこなすには もっと可愛がらなければ。
柴又
2010/08/14 22:45
柴又さんは、いろいろな弦やヘッド、ピックなどを試していらっしゃるようですね。(メールを読んでいて、そんな印象を受けました) 何かの機会に、ぜひ当ブログで情報をシェアしてくださいね〜。

2010/08/15 11:16
関係ない話題で恐縮ですが。
朝早く、車に乗っていてラジオから Maria Muldaurの曲を久々に聴きました。懐かしくYou Tubeで検索してましたら、あのThe Jim Kweskin Jag Band なんか出てきまして、このような感じもいいですね。若き日のBill KeithさんもBJ弾いていたり。Bjの可能性は無限なんだと感じました。
柴又
2010/08/17 23:22
> Bjの可能性は無限なんだと感じました。

スコットが「そのとおり」と言ってました。Pat Cloudの、こんなFoggy Mountain Specialもいかが?

http://www.youtube.com/watch?v=VvTqmQfU3uQ&p=DB8997D8FBF854AB&index=52&playnext=2
R
2010/08/18 18:27
> Bjの可能性は無限なんだと感じました。

私も同意見です。努力次第でどのジャンルの音楽であると思います!!
ばくちゃん
2010/08/18 20:37
全くその通りだと思います。
いつかは、「演歌」のバックを付けてみたいと思っています。

2010/08/18 21:37
チューニング変えて 三味線ブレイクで?!
柴又
2010/08/18 23:11
みなさん楽しそうに盛り上がっておられますね。

Pat Cloudの演奏を初めて聞いたときは驚きました。また、宝塚の秋フェスにゲスト出演したときに、いちばん好きなブルーグラス曲ということでFoggy Mountain Specialを演奏してくれました。私は砂かぶりで見てました。Foggy Mountain Breakdown in G#という客席からのリクエスト(ジョーク?)に真剣に答えようとしてくれていたのが何とも彼の人柄が出てます。ほんと、腰の低い人でした。

三味線の二上がりのチューニングはバンジョーに合いますよ。

2010/08/18 23:48
いいえ、チューニングはGチューニングで。

2010/08/19 00:29
古賀政夫 アントニオ古賀 ぴんから兄弟風がカッコいいですね。
柴又
2010/08/19 18:27

コメントする help

ニックネーム
本 文
【修理の現場から】ネジ1本に。。。 デザートローズ・バンジョー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる