デザートローズ・バンジョー

アクセスカウンタ

zoom RSS お薦め動画(皆様のおかげで更新中です)

<<   作成日時 : 2009/12/26 13:15   >>

トラックバック 0 / コメント 17

昨日YouTubeを見ていたスコットが、「これ、ブログで紹介したら?」というので、早速アップです。すでにご覧になっている方もいるかもしれませんが、スコットの表現を借りると「サニー・オズボーンの、最高の4分間」だそうで。


画像




それでは、4分間のショーの開演です。(カーテンがスルスルと開く。。。)






更新(12/31)

pittaさんからThe GoodsMusic of the SPPS – Free Bluegrass Country Americana Mp3s Flacsというサイトを教えていただきました。(詳しくはコメント欄を) 貴重な音源がいっぱいあるみたいです。皆さんもチェックしてみては? pittaさん、情報ありがとうございました。




更新(12/31)

M.T.さんからお宝映像のリンクを教えていただきました。一人出てくるたびに、スコットも「Wow!」の連発です。  












月別リンク

コメント(17件)

内 容 ニックネーム/日時
1934年ギブソン・グラダナではなくステリングに持ち替えての演奏ですね。アール・スクラッグスへの限りない尊敬とソニー独自のアイデアを加え、偉大なタッチの全体像を聞かせてくれる。目の前にソニー・オズボーンをして音を聞くこの価値と感動は評せられません。
こばやし
2009/12/26 17:11
楽しんでいただけたようで何よりです。

ステリングのサンフラワーのようですが、通常のSunflowerではなく、サニー仕様のSonflowerだそうです。Sonny(サニー)だからSONflowerなんですね。なるほど、なるほど。。。
R
2009/12/26 21:38
お久しぶりです
一見よく耳にする うん弾けるぞという曲のメドレーなんですが やはり違いますね 言葉がありません
柴又
2009/12/26 23:13
今日は偶然にも車の中で“Foggy Mountain Jamboree”を流し続けてました。シンプルだけどそれ以上のものを感じさせてくれるアルバムですよね。
音の並びだけはコピーできそうに思えますが、そこから先が遠いです。サニーはもうバンジョーが弾けないと聞きますが、もったいないというか、残念というか...

2009/12/26 23:50
こういう動画が簡単に見られるなんて、You Tubeってすごいし、ありがたいですね。また何かあったらアップしますけど、皆さんも「これいいぞ〜」というのをみつけたら教えてくださいね。(数がありすぎて、片っ端から見ていくのが大変なのが、You Tubeの欠点というか、ぜいたくな悩みです)

柴又さん、お仕事は通常シフトに戻りましたか〜。 年末年始は相棒バンジョー弾きまくりかな? 

松さん。たぶん、人前では弾かないというだと思いますけど。皆、事情を分かっていても、昔のプレイを期待しちゃいますもんね。
R
2009/12/27 13:39
ありがとうございます
年末 お正月も仕事です
しかし ヘッドの増締したらまた違う世界が飛び出しました 

柴又
2009/12/28 21:04
ヘッドの締め増しは、大きな変化を起こしますねー。そして、キリがなくなる事もしばしばです。私のながーい経験では、「よく鳴っている」と思っている時は、スコットさんいわく「Dont’touch!」にしています。結果は、良好です。

2009/12/29 08:13
柴又さん。
お〜、年末年始もお仕事ですか。でも、年末年始でも世の中は動き続けているのですから、お仕事が入っている方も結構いるんでしょうね。皆様、本当にお仕事ご苦労様です。私は31日、元旦だけゴロゴロして2日から仕事の予定です。来年に向けていろいろとアイディアを暖めているので、ワクワクしていますよ〜。

稲さん、アドバイスありがとうございます。考え方は人によるでしょうけど、スコットは、パーツをとっかえひっかえしたり、ちょこちょこいじりすぎて自滅している人が多いと考えているみたいです。ベストな状態を維持するために"微"調整は必要かもしれませんが、"大幅"調整しちゃう方が結構多いのでは?(笑) 

でも、ヘッドテンションの緩みは注意して見ていてください、とのことです。(ガイドをお読みになった方はお分かりだと思いますが) ロストティンバーを使ったバーツは、ヘッドのロー・テンションと相性が良くないそうなので、その点だけは気をつけてください。なぜか、ヘッドを緩めるよりも、適切なテンションをかけるほうが低音も良いそうです。
R
2009/12/29 12:00
ヘッドテンションの締め方については、これもスコットさんと意見が合った事なのですが、基本的には強く締める方が良いのですが、めいいっぱい締めないで、少し手前で止めておくのが、音の抜けが良く、ビッグサウンドになる事が多いと言う事です。(三味線作りの名人も同じことを言っていたそうです。)

2009/12/29 17:41
そうですね。何事もほどほどに、ですね。強く締めすぎて、ロークラウンのヘッドがハイクラウンかと思うほど伸びていたケースもあるそうです。Zブリッジ直販の場合にお送りしているガイドを読まれた方から、ヘッドテンションに関するご質問をいただくことが多かったので、バージョン1.3で少し補足しておきました。
R
2009/12/29 18:20
こちらのAnonymous Collection C193で同じようなスクラッグスメドレーを演奏していますね。
http://www.thespps.org/sppsbbs/viewtopic.php?f=4&t=252

映像はありませんが、これ以外にもFlacでお宝がいっぱいあります。

アクセスに必要なデータはこちらから
http://thespps.org/music/
pitta
2009/12/29 19:00
今、仕事中なんですがチョットさぼって。
稲様 R様ご指南ありがとうございます。 
ヘッドがこころもち緩くなってるかなと思い
触ってみました。しかし、非常に勇気がいることです。
このあいだ、 ある楽器屋さんのご主人の演奏聴かせて頂いたのですが、ひとつは私と同じもの、もうひとつは
プリウォーギブソン。それ聴いて、ヘッド増締めしました。そして自身の未熟さを痛感いたしました。
柴又
2009/12/29 19:35
いいですね!感動します。
ゆっくりでいいから近づきたいですね。
さあ、練習練習!!
うみやま
2009/12/29 23:22
pittaさん、情報ありがとうございます。flacというのは初めて知った形式で、またSmartFTPも使ったことがないので、とまどいましたが、とりあえずzipを普通にダウンロードし、mp3でC193をゲットしました! こういう音源がただで手に入っちゃうなんて、いいですね〜。スコットも「このサイトは知らなかった〜」と喜んでます。ありがとうございました。
R
2009/12/31 08:44
ご無沙汰しています。 アメリカ特派員(だった)M.T.です。実は、秋に帰任となり、日本に戻って来てしまいました。
皆さんご存じかもしれませんが、そうそうたるメンバーがFoggy Mountain Breakdownを弾いている映像がありますよ。
http://www.youtube.com/watch?v=AJOIqmlI65Y
M.T.
2009/12/31 16:19
M.T.さん、おっかえりなさ〜い!!

帰国したくなかったのかなぁ。でもスコットも私もM.T.さんの帰国を喜んでますよ〜。お宝映像を教えていただきありがとうございます。早速、記事の中で紹介させていただきました。スコットも食い入るように見てましたよ!

R
2009/12/31 17:53
Rさん、こんばんは。
楽しんでもらえてよかったです。
flacというのは可逆圧縮の音声ファイル形式で、デコードソフトによって、オリジナルのwaveファイルに戻すことができます。一般的なプレーヤーソフトであればそのまま再生可能です。mp3は非可逆のため、削られたデータは元に戻すことはできません。

SPPSですが、英語のサイトのため英語の苦手なpittaは勝手に解釈しているのですが(とんでもない間違いをしていたらごめんなさい)、タットテイラーの膨大なカセット、オープンリールテープコレクションを保存、公開していこうというボランティアで運営されているプロジェクトです。コレクションは3本柱で構成されていて、メインはタットテイラーコレクションです。彼の人脈からケンタッキーカーネルズやクラレンスホワイト関係が目玉でしょうか。2番目がこのプロジェクトに賛同して、音源の無償公開を許可してくれたバンドのコレクション。3番目が最近追加されたんですが、今回のテープを提供してくれた匿名氏のコレクションです。
ボランティアで運営されているので、(私は関係者ではありませんが、)寄付大歓迎です。

ちなみに、私はダウンロード用のftpソフトはFileZillaというソフトを使っています。日本性のソフトもいろいろあります。
pitta
2009/12/31 18:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
お薦め動画(皆様のおかげで更新中です) デザートローズ・バンジョー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる