デザートローズ・バンジョー

アクセスカウンタ

zoom RSS 2009年IBMA展示レコーディングキング・カスタム

<<   作成日時 : 2009/10/09 12:56   >>

トラックバック 0 / コメント 6

2009年度IBMAに展示したレコーディングキング・カスタム「Studio King」の画像をアップしました。こちらは、レコーディングキング・バンジョー・カスタムショップJAPANのHPにあります。


ギャラリーのページからお進みください。


今年のStudio Kingも、昨年に引き続きGullインレイです。(ヘッドのインレイは変更) 「なぜ?」と訊いたところ、「好きだから」だそうです。 マーケット的にも、再び人気が出てきているらしいですよ。

こちらのバンジョーは日本国内で販売します。おそらく、大阪のドルフィン・ギターズさんのところへ行くと思いますが、その時にはブログでお知らせしますので、お近くの方は試奏しに行ってみてくださいね。この夏、デザートローズ・バンジョー(デザートムーン)も取り扱っていただいたのですが、ブログでお知らせする前に販売済みになってしまったので、皆さんにご紹介し損ねてしまいました。(ゴメン!) 今度はちゃんとお知らせします。

画像

             ドルフィン・ギターズの武田さんと


[業務連絡]

先日もお知らせしましたが、現在お客様のご依頼が集中しておりまして、今月は、すでに問い合わせをいただいている方以外のセットアップ、修理はお受けすることができそうにありません。大切なバンジョーをお預かりするための場所もすでに満杯状態となりました。 大変ご迷惑をおかけしますが、状況が改善しましたら、またブログでお知らせしますので、ご理解のほどよろしくお願いいたします。



月別リンク

コメント(6件)

内 容 ニックネーム/日時
画像、見てきました。スタイル2のインレイ私も大好きです。ネックのインレイもかっこいいですよね!

2009/10/09 20:00
このインレイで思い出すのは、73年?にアメリカに行った時に、「Vally view park Fes」(この年限り?)で、たしか「トニー・トリシュカ」だったか「ピーター・ワーニック」だったかが持っていたボールベアリング・バンジョーがこのデザインでした。やはり、あまり鳴っていませんでした。

2009/10/09 20:26
訂正!です。先ほど、私が言ったインレイは、D・Rのホームページに載っているあの「トンビ」みたいなものです。そのあと、ここの写真(スコットさんが持っている)を拡大して良く見ましたら、全然デザインが違いました。

2009/10/09 20:33
松さん

松さんはシンプルなものがお好きそうなので、おそらくそうおっしゃるのではないかと思ってました。 

稲さん

「トンビ」ってどれ? このバンジョーは、今年のギターフェスで稲さんもご覧になったバンジョーですよ。
R
2009/10/09 21:44
「トンビ」とは、ギャラリーにある「フルカスタム」のトンビが飛んでいる様なインレイ(フィンガー・ボード)です。そして、確かに「このバンジョー」(上記の写真のバンジョー)は、ギターフェスで見たと思いますが、トンビ・タイプはそのギターフェスにはなかったでしょう?

2009/10/10 19:15
あ〜、分かりました、分かりました! gull(カモメ)ですね〜! なんですぐにピンとこなかったんだろう。

これはギターフェスには持っていってないです。あの時は、まだネック製作中くらいだったんじゃないかな。ギターフェスに持っていったRKは、プチカスタムのメロディーキングです。
R
2009/10/10 19:38

コメントする help

ニックネーム
本 文
2009年IBMA展示レコーディングキング・カスタム デザートローズ・バンジョー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる