デザートローズ・バンジョー

アクセスカウンタ

zoom RSS Epiphone Recording Aのカスタムネック(3)

<<   作成日時 : 2009/08/09 10:04   >>

トラックバック 0 / コメント 9

カスタムネック製作記、第3回です。前回はヘッドのインレイをご紹介しましたが、今回はフィンガーボードのほうをちょこっとお見せしましょう。


このネックの、指板のインレイは非常にシンプルなデザインです。(画像はヲガワさんのHPからお借りしました)


画像



忙しいスコットを助けようとこれもRが下準備の手伝いをしたのですが、スコットからの指示は「(配置は)オリジナルをそのままコピーして」のみ。「かんた〜ん」と思ったのですが、よくよく見ると、インレイの配置のしかたがテキトーと言いますか、結構いい加減。(笑) 向きや角度、ラインなどに、きちんとした規則性が見られないのです。正直、これには困りました。明確な規則があるほうが真似しやすいですからね。でも、これが現実です。ハンドメイドの良さが無くならないよう、やり過ぎには注意しましたが、たぶんカスタムネックのほうがお行儀良く並んでいると思います。どうでしょうか、ヲガワさん。


画像

         直にじっくり見ないと分からないと思いますが。。。



画像を見てお気づきだと思いますが、オリジナルには20フレットにインレイがありますが、カスタムネックでは19と22に変更しています。これは、使いやすさを考え、サイド・ドットと合わせたためです。
画像


 更新:ヲガワさんが、ご自分のブログに、より大きな画像をアップ
     してくださいました。 → クリック
     お借りして、こちらでも使わせていただきます。

また、このネックには、新品のチューナーを使用しましたが、ボタンが新品では味気ないということで、アンティークに見えるように加工しました。以前、紹介記事『《ちょいネタ》ペグ・ポタンをアンティーク風に 』を書きましたが覚えていらっしゃいますか?

画像


画像



続く。。。








月別リンク

コメント(9件)

内 容 ニックネーム/日時
そうなんですよねー。
ギブソンのOLDのインレイの方より、今のインレイの方がずっとキチントしています。あとは、好みですね。しかし、OLDのインレイの方が、幅が狭く、またインレイのパーツ同士の間隔が狭い物が多いですね。

2009/08/09 19:31
昔は手作業だからバラつきがあって、1つ1つ微妙に異なるようです。一方、現代はすべてコンピュータ化されているからきっちり整っているし、インレイのカットだけでなく、埋め込む穴のほうまでプログラミングされているそうですから、誤差はないし、ラクですよね〜。でも、それも零細企業には無縁の話。私は今夜も手作業でインレイの準備です。
R
2009/08/10 00:44
えっー、あのスコットさんのインレイは手作業ですかー?すごくきれいでキッチリしているので、てっきりコンピューター管理だと思っていました。しかし、細かい要求に答えて下さったので、やはり手作りなのですね。

2009/08/10 06:30
インレイのカットは、ケースバイケースで、コンピュータでカットされたものを使うこともあれば、手でカットされたものを使うこともありますが、ヘッドや指板に埋め込む作業は100パーセント手作業です。

ギブソンのリプロネックなど、誰が作っても同じように見えるかもしれませんが、マーケットに出てしまった後でも、現物を見れば(あるいは画像を見ただけでも)自分が作った物かどうかは、たいてい分かるそうです。(特に「これは僕じゃない」というのは、すぐに分かるそうです) 公開はしていませんが、やはりビルダーとして、あちこちに自分の仕事の証拠を(ある程度故意に)入れているみたいですね。インレイの配置の仕方も、自分の仕事かどうかを見極めるポイントの1つであることには間違いありません。
R
2009/08/10 12:02
Rさん
なーるほど!です。

2009/08/10 17:44
Rさま。こんにちは。19フレットあたりの写真を大きく撮っていたので自分のブログの方にものせました。
ギターは9フレットにインレイがありますよね、ギター弾きがバンジョーをさわると10フレットにインレイがある違和感が我慢できないそうです。
演奏性を考えて作っていただいたこと感謝感謝です。
ヲガワ
2009/08/10 21:03
ヲガワ様

おっ、後で画像いただきます! 後で「撮っておけばよかった」と思った1枚でした。

ガンコ職人とお客様の間に入って苦労することもあるのですが、ヲガワさんはスコットの提案にいつも耳を傾けてくださって、こちらこそ感謝です。

Banjo Hangoutが随分荒れてきたので、新しいBanjo Holllerというフォーラムが少しずつ活発になってきています。こちらでこのネックを紹介させていただいたようですよ。バンジョー全体の画像をアップしたら、またリンクしたいといっています。

R
2009/08/10 21:16
このネックを見ると1本バンジョーがほしくなりますね。
今ので満足しててはいけませんね。
お金をためてデザートローズ・バンジョーを
うみやま
2009/08/21 22:39
うみやま様

すでに素晴らしいカスタムネックのついたプリウォー・ギブソンをお持ちなのに、何をおっしゃるんですか。 でも、そう言っていただけるだけでもとても光栄です。
R
2009/08/21 23:29

コメントする help

ニックネーム
本 文
Epiphone Recording Aのカスタムネック(3)  デザートローズ・バンジョー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる