デザートローズ・バンジョー

アクセスカウンタ

zoom RSS ロスト・ティンバー 【おまけ】

<<   作成日時 : 2009/04/02 15:43   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 14

ロスト・ティンバーに関する話、いかがでしたか。またいつか、新しい情報が入りましたらブログで紹介したいと思いますが、とりあえず今回のシリーズはこれで最後。。。ということで、これまでに盛り込みそこなったことを4つほど。


★ロスト・ティンバーの色

ロストティンバーは湖底の泥に含まれるミネラルの影響で、独特の色になっているものが少なくないそうです。少し前に、どなたかにお送りしたZブリッジは、ほんの少し緑がかった不思議な色合いだったのですが、これは「サファイア」と呼ばれているそうです。(あ〜、写真を撮っておけばよかった!) 


★ロスト・ティンバーは、あとどれくらいある?


先日のBanjo Talkでトニーがこの質問に答えていたのですが、詳細は忘れてしまいました。(ゴメン!) でも、結論からいうと、数自体は相当あると推測されていて、当分無くなる心配はありません。

面白い資料があります。以下の地図の緑色のエリアは、1800-1900年に多くの木を伐採し製材を出荷していた地域を表しているそうです。

画像


これを見ると、現在、丸太を引き揚げているスペリオル湖よりも、他の湖周辺のほうがむしろたくさん沈んでいる可能性があるのでは?と思ってしまいます。ただ問題は、引き揚げ許可に関する対応が州ごとに異なることで、現在は、許可が下りているスペリオル湖周辺(アメリカ側とカナダ側から)のみで引き揚げ作業をしているそうです。どこかの自然団体が、「スペリオル湖の丸太を引き揚げると、そこを住処にしている○○という稀少生物が絶滅する」なんて言い出さないことを願うばかりですね。(笑)

ロスト・ティンバーの確保の難しさは、むしろ別なところになります。山から木を切るケースとは異なり、「メイプルがこれくらい欲しい」と注文しても確保に時間がかかる、といった問題がよく起こるのです。(トニー・パスが当初、メイプルからバーチに切り替えたのも、メイプルの入手が間に合わなかったからでした。) また、たとえ希望の種類であっても、楽器に使えるものとなると条件が厳しくなりますから、入手がますます難しくなります。


★ロストティンバーは、何年前に伐採された木だかを知る方法がある。

商品になってしまえば分かりませんが、引き揚げられた段階では、いつ頃伐採されたものか知る方法があるんですよ。当時、木を切っている人たちは、伐採後、丸太の切り口に「これは自分が切ったもの」と分かるように、印をつけていました。(給料、出来高制だったのかな?) 【歴史(その1)】でも触れましたが、過酷な労働とういこともあって、ほとんどの人が数年のうちに辞めてしまったそうで、マークを見ればどの人か切ったのか分かり、どの人か分かれば年代が特定できるんだそうです。この、印の入った切り口部分、スコットが1つ持ってるんで、お見せしますね。どこに、どんなマークが入っているか、分かりますか?


画像



そうです、かわいいのマークです。

画像


文字が入っていることもあります。

画像



★楽器の全パーツをロスト・ティンバーで作ったら?

いろいろ試作をしてみた結果、ロストティンバーを使えば驚くほどの違いが出るパーツと、ロスト・ティンバーを使っても違いが感じられないパーツのあることが分かったそうです。バンジョーに関していえば、リゾネーターにロスト・ティンバーを使っても効果はない、とのこと。ネック、リム、そして忘れちゃならない、ブリッジには非常に有効です。

こういう話をすると、「トニー・パスのリムとZブリッジがロスト・ティンバー製なんだから、ネックもロスト・ティンバーのものが欲しい」という方が出てくるでしょうね。そう思って、先にスコットに話を聞いておきましたよ。

安くはありませんが、すでに丸々ロスト・ティンバーでバンジョーを作ったメーカーもありますし、実はスコットも現在1本、レコーディングキング・カスタム用のネックをロスト・ティンバーで作ってるんですって。(知らなかった) 「じゃ、お客様からオーダー受けられるの?」と訊いたのですが、「可能は可能だけど、う〜ん。。。」と悩みまくってました。(笑) 電話1本で「ネック1本分お願いね〜」と注文できるものではないからという理由もありますが、実際には、ネック1本分の材でZブリッジがどれほど作れるか考えると、もったいなくて涙が出る・・・というのが本音かも。

追加情報:スコットから後で聞いた話を補足しておきます。ロスト・ティンバーは乾燥が難しいという話をしましたが、ネックを1ピースで作れるほど厚い材は乾燥できないそうです。(均一に水分を抜くのが難しいため) なので、バンジョーですと3ピース・ネックになります。話はさらに複雑で、その3ピースを得るためにはコスト的にも大変なようです。(「3枚だけちょうだい」というわけにはいかないんですって) またいつか、何かの機会があったらお話しますね。





月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

コメント(14件)

内 容 ニックネーム/日時
うわっー!そのネック欲しいです。しかし、どんな音がするのでしょう?ジョー・アイザックのバンジョー(最近の)がパリンパリンの良い音がしていますが、ひょっとしてロスト・ティンバー製のネックかなー?ところで、マホガニーはロスト・ティンバーには無いのですよね?絶対に。

2009/04/02 22:26
>ひょっとしてロスト・ティンバー製のネックかな

どうでしょうね。これまでにネックをロスト・ティンバーで作ったのは1メーカーだけというのは分かっていますが。

>マホガニーはロスト・ティンバーには無いのですよね?

北米にはマホガニーがありませんからね。でもアマゾンの川底にマホガニーが眠っているという話があります。ただ、水温の問題もありますし、一体どんな丸太が沈んでいるのかは、まだ誰も本格的な引き揚げに着手していないので未知の世界なんです。興味を持っている会社はあるのですが、お金がかかるし、ギャンブルだし、まだ着手した会社はありません。チャンスがあったら、もちろんアマゾン川のマホガニー入手しますよ。実際のところ、話はあるにはあって注文したんですが、現在、難航中です。どなたか大量注文してください。そうしたら、やってくれると思います。(笑)
R
2009/04/02 22:49
Rさん、即なレスポンスに感謝です。もし、そのアマゾン川底のマホガニーが音的に素晴らしく有利なら、どんな手を使っても家内の対策をして、注文します。(いや、よく祈ってですね。)

2009/04/02 23:13
こちらこそ、いつもコメントを送っていただき、感謝しています。稲さんのコメントを読んで、「そうか、そのことも話しておくべきだな」と気づくことが多いんですよ。情報を引き出すのがお上手です!

まずは、マホガニーが入手できるように祈っててくださいね。

2009/04/03 00:17
興味深く読ませていただきました。Zブリッジが届いたらじっくり観察してみようと思います。

ロストティンバーのネック、できあがったら画像のアップもお願いしますね。

2009/04/03 06:40
今週末は、Zブリッジを虫眼鏡でじっくり見てる人が少なくないかも。(笑) 松さんのも、もうじき届きますから待っててくださいね〜。

ロストティンバーのネックの件は、私も知らなかった(多分、聞いてるはずなんですけど、右から左に聞き流してたのかも?!)ので、「途中の段階でもいいから見せて〜」と頼んだところです。写真撮ったらアップしますね。
R
2009/04/03 09:10
今日は午後半休で、今、会社から帰って来たところです。(家内と近くの「お城跡の公園」へ、帰りに買って来たお団子を持って、お花見に行く為です。いい会社でしょう?もう定年間際ですからー。)このロストティンバーのネックの件は、以前(だいぶ前:ロストティンバーをバンジョーに検討している初期の頃)に、スコットさんに「ロストティンバーでネックを作ったらどうかなー」と言った覚えがあります。その時のスコットさんの反応は、余り印象的ではなかったので、きっとコスト・パーフォーマンス的に考え、かわされた様でした。

2009/04/03 15:13
今日は松本もいい天気ですが、何と言ってもまだ寒い! お花見は来週以降になりそうです。

ネックが作れる3ピースを注文するなら、その時乾燥させる1回分の木を全部買わないといけないんですって。(いまいち、まだ私にはしくみがよく理解できていないんですが。) よくネットでやってる、共同購入を募りましょうかね〜。大勢が申し込めば申し込むほど安くなるっていう、あれです、あれ。(笑)
R
2009/04/03 15:18
えっー!スコットさんもお花見するんですか?家内がまだパートから帰って来ません。

2009/04/03 15:36
えー!なんで驚くんですか。行きますよ〜。 散歩がてら、という感じですけどね。

奥様がお帰りになるまで、次の記事、読んでてくださ〜い。
R
2009/04/03 15:55
バーチで盛り上がっているかと思えば、いつの間にか桜で盛り上がってますね。(^_^)京都も鴨川の土手はほぼ満開ですね。長野で桜と言えば、2年前に高遠に行きました。きれいなところでしたね。

2009/04/03 23:00
花見→桜とくれば、次は団子か酒の話でしょうか。 

花見といえば、個人的には、桜吹雪の中で、「チェリー&キジ」、「チェリー&チェリー」バンジョーが弾かれているところが見てみたい。。。
R
2009/04/04 08:40
桜の木の下でJamって、日本ならではですね!
野外フェスにはちょっと肌寒いかもしれませんが、身体が温まる飲み物と食べ物さえあれば...

2009/04/04 12:48
そうそう、今日桜を見ていて、「チェリー&チェリー」バンジョーが満開だろうなーと思いました。そして、もしアマゾン川底のマホガニーネックが自分の物になったなら、「チェリー&チェリー」にしようかなーと思いました。その時は、スコットさん、ひとつ宜しくお願い致しますです。

2009/04/04 20:25

コメントする help

ニックネーム
本 文
ロスト・ティンバー 【おまけ】 デザートローズ・バンジョー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる