デザートローズ・バンジョー

アクセスカウンタ

zoom RSS レコーディングキング “プロフェッショナル”(アーチットップ)RK-R80A

<<   作成日時 : 2008/11/03 22:16   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

発売されたばかりの、レコーディングキング・バンジョー“プロフェッショナル”(アーチトップ)RK-R80Aですが、早速お客様からのご依頼があり、1本輸入いたしました。日本へ入ってくるのは初めてだと思いますので、写真を数点紹介させていただきます。

先日の「IBMA便り」でロニーが弾いていたアーチトップのバンジョーです。

 ・IBMA便り(レコーディングキングのブースにて)
 ・IBMA便り(デザートローズ楽器のブースにて 2)

画像


画像


画像


スコットから、RK-R80Aの印象を聞いてみました。IBMAでもRK-R80Aを短時間でセットアップした(注1)そうなんですが、今回はじっくりと、セットアップを変えながら、RK-R80Aの可能性を探ってみたようです。

   注1 : IBMA初日、レコーディングキングのブースへタートルヒル・
      バンジョーのデイブと立ち寄ったところ、展示してあるバン
      ジョーのセットアップを直してくれと頼まれて、急遽、デイブと
      手分けして、ブースのバンジョーを片っ端から、大急ぎででき
      る限りの調整をしたんですって。
      おいおい、準備悪すぎじゃございませんか。(笑)


『RK-R80Aは、IBMAでも簡単にセットアップしてみましたが、今回は少し時間をかけて、このバンジョーの可能性を探ってみました。すると、Ralph Stanleyに代表されるbrightでloudな典型的アーチットップサウンドはもちろんのこと、セットアップを変えれば、richでfull、低音の豊かな(フラットヘッドに似た)サウンドにすることもでき(注2)、音のレンジが非常に幅広い、多くの可能性を秘めたバンジョーという印象を受けました。実際、これほど良いアーチトップ・バンジョーが出てきたのは、50年ぶりじゃないかな。』


   注2 : アーチトップが好きな人は、アーチトップらしい音を求めて
       アーチトップを手に入れるのだと思いますが、近年、優れた
       プリウォーのアーチトップは、セットアップ次第で、フラットヘッ
       ドに似た豊かな音(完全に同じではないけれど、非常に似て
       いる)を引き出すこともできる、ということが報告されているん
       だそうです。そういうことがあって、スコットは、このRK-R80A
       の潜在能力を試すために、アーチトップとは真逆の音を狙っ
       たセットアップもしてみたんですって。
       結果は、しっかり合格です。


もっと画像を見たい方は、こちらをクリック











月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
それって、私のスコット・バンジョー#3(アーチトップ、マホガニー、シンスカート)よりも鳴るってことですかー?
ちなみに、このバンジョーも低音がとても太く温かい大きな音がして、prewar フラットヘッドに似た良い音がしますがー。
もし、そうならぜひ弾いてみたいです。

2008/11/04 20:01
トニー・パス・リム(シンスカート)から生み出されるオールド・サウンドに慣れていらっしゃる稲さん。このバンジョーは3プライリムだということをお忘れなく。このRK-R80Aは、コメントのとおり、過去50年なかったほどの、優れた“新しい”アーチトップだそうです。もちろん、スコット・バンジョー#3の勝ちだと思いますよ。(笑)
R
2008/11/04 20:30
ノーホールのアーチというところが興味深いところです。知人のなかでも40ホールがいい、ノーホールがいいと意見が分かれます。
手元にアーチトップが増えてきていろいろいじっているうちに「高音から低音までのまとまりのよさ」を感じるようになりました。
フラットのほうが「Loud」なのではないかと思うこのごろです・・

ヲガワ
2008/11/04 22:12
>知人のなかでも40ホールがいい、ノーホールがいいと意見が分かれます。

アメリカでも議論が分かれるそうです。でもスコットの意見はいつもと同じで、「すべてはセットアップ次第。もし目をつぶって聞いたら、聞き分けられる人はほとんどいないと思うよ。」だそうです。ただ、ノーホールは生産期間が短かったため、手に入りにくいものほど欲しくなるのが人の性。RKがノーホールにしたのも、こうした理由が関係しているようです。

> フラットのほうが「Loud」なのではないかと思うこのごろです・・

フラットヘッドのほうが、リム内の容積が大きいですので、能力的にはヲガワさんの言うとおりです。アーチトップのほうがloudというイメージがあるのは、セットアップ+αのためです。このRK-R80Aも、お客様がアーチトップらしい大音量をご希望なので、そのようにセットアップし、また、それに適したブリッジをつける予定です。
R
2008/11/04 22:51
最近感じた事なのですが、トータル音量のポテンシャルはその通り、フラットヘッドの方が優れていると思いますが、セットアップ次第で、アーチトップの方が、強い音が出せるのです。

2008/11/05 19:31

コメントする help

ニックネーム
本 文
レコーディングキング “プロフェッショナル”(アーチットップ)RK-R80A デザートローズ・バンジョー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる