デザートローズ・バンジョー

アクセスカウンタ

zoom RSS プリウォー・トーンリング (アーチトップ編)

<<   作成日時 : 2008/07/04 23:45   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 4

最近メンバーサイトでプリウォー・トーンリングの素材について書いていたんですが、この程度なら一般公開もOKということで、こちらにアップしておきます。情報の一部は非公開です(ごめんなさい)ですが、あまり知られていない面白い情報もありますよ! 




こういうご質問をいただきました。



「アーチトップのトーンリングの素材も、フラットヘッド同様、○○○○○○○○○なのか」


画像



皆さん、以前ブログに出てきたポール・ホプキンズを覚えてますか?

  忘れたという方のために。。。   トーンベルシステムについて


ポールは、40年間に渡り、可能な限り全てのプリウォー・トーンリング(フラットヘッド、アーチトップ)について調べたそうです。検査に出したのはNASA関連の検査も行うほどのところだったそうで、かなり本格的な研究です。

分析結果をまとめたノートは厚さ10センチにもなったそうですが、そこから分かったことの1つとして、アーチトップとフラットヘッドではフォーミュラにわずかながら違いが認められたそうです。小さな違いではあるけれども、両グループの検査結果の間に、明らかな傾向として存在していたそうです。このことからポールは、「フラットヘッドとアーチトップでは、地金の仕入先が別だったに違いない」という結論に達しました。(残念ながら、それ以上のことは分かっていません)



やっぱり、ギブソンは素材のことなんて大して気にしてなかったんだろうなぁ。。。


じゃあ、製作そのものに関してはどうだったんだろうでしょうね。。。 トーンリングを作っていた外注1社の名前をスコットから聞いたとき、私、思わず吹き出してしまいました。 その名はですね。。。



  Kalamazoo Tank & Silo Co.





「ええっ、Tank(タンク)? 
Silo(サイロ)? 
何だ、そりゃ?!
サイロって、まさか穀類とか草とか入れとくアレですかぁ??」






って思ったら、ホントにまさかのコレ↓でした。(笑)







画像




私が調べたところによると、当時のギブソンと同じKalamazooにあったこの会社、1867年に風車を作る会社として設立され、1890年代から国内初のサイロを作る会社となり、その後、干草カッター(?)とか建設用タイルなども生産し、1930年代にはmetal-cutting bandsaws(金切り帯のこ?)を作っていたようです。




鋳造ができるということで、ギブソンはこの会社にトーンリングを発注していたんだと思われますが、主に農業や建設関連のものを作っているこの会社に楽器の専門知識があったとは思えませんし、おそらくは同社が作る他の鋳物と同じ材料を用いて、発注されたとおりのデザインに鋳造するだけ、だったでしょうね。後の時代に、バンジョーの専門家たちがこぞって必死にトーンリングを分析するなんて、Kalamazoo Tank & Silo Co.の社員は夢にも思っていなかったでしょうに。(笑)






月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(4件)

内 容 ニックネーム/日時
この情報も、とてもおもしろいですねー!
スコットさん、もしこの「アーチトップ」トーンリングの材質(デッドコピー)で、JLS#4のトーンリングを作ったら、どんな音がするのでしょうね!かなり良いのではと思います。期待しています。

2008/07/05 15:52
稲さんのご質問の意図とは少し違うと思いますが、「アーチトップを潰してフラットトップに作り直すというのは有りか?」というご質問を受けていました。何年か前に、実際にやった人たちがいるそうです。ただスコットに言わせると、「3ポンドのトーンリングを作るためには、まず6ポンドの原型を鋳造しなければならないし、さらにriserの分にも材料がとられるから、1つのトーンリングを作るのに最低でも4〜5個のアーチトップを潰さなければならなくなる。ウッドリムと違って、トーンリングは50年前に作られたものでも昨日作られたものでも大きな違いはないから、新たに作るほうが現実的」、つまり、稲さんがおっしゃるように、当時と同じフォーミュラの原料を使って新たに作るほうがいい、とのことでした。
R
2008/07/05 16:31
稲さん、ちょっと面白い追加情報です。トーンリングの分析をし続けているポールが、新たに教えてくれたそうです。ヒューバーは、発売当初からフォーミュラが変わってきているそうで、最近はプリウォー・アーチトップと同じなんですって。
R
2008/07/06 08:19
プリウオー・アーチトップトーンリングの
99%レプリカ・トーンリングは偉大なり
です。

2008/07/24 08:08

コメントする help

ニックネーム
本 文
プリウォー・トーンリング (アーチトップ編) デザートローズ・バンジョー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる