デザートローズ・バンジョー

アクセスカウンタ

zoom RSS デザートローズ・バンジョーについて(重要な補足)

<<   作成日時 : 2007/12/04 01:39   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 5

1日の記事『デザートローズ・バンジョーについて』の中で、(R)の言葉不足(あるいは言葉が多かった??)によって、読者の方に誤解をさせてしまったようです。メールをいただいて、それに気づきました。度々で申し訳ありませんが、デザートローズバンジョーも使っているトニー・パスのロストティンバー・リムについて、今一度補足させてください。

言葉が足りなかったのは、「その3」の部分です。トニー・パスのロストティンバー・リムが、なぜプリウォーの音に近い音を生み出すのか、もう少し丁寧に説明しておくべきでした。思い返してみると、トニーのリムに関する記事でも、一番大事なことをしっかりお伝えしていなかった気がします。(このあたりは、すでに皆さんご存知だろうと思い込んでおりました。輸入代理店でありながら、これまで十分な情報を提供しておらず、申し訳なく思っています。)

トニーのリムのすばらしさは、バーチだからでも、シンスカートだからでもありません。 これらは多くのプレーヤーが求める音に近づけるためになされた改善でしかありません。爆弾発言(?)をあえてしますが、五大湖の底に長年沈んでいたオールドウッドを使っていることでさえ、プラスアルファーの要素でしかありません。 実は、トニーのリムの素晴らしさの本質は、ブロックスタイルを採用していることにあります。(注1) おなじみのプライリムは、まっすぐな木に力をかけて曲げ成形しますが、ブロックスタイルリムの場合は、自然な状態でカットされた木片(ブロック)を組み合わせたものです。一方はギュ〜ッと曲げられた木でできたリムで、他方は余計なストレスのかかっていないリム。この違いがバンジョーの鳴りと音質に大きな影響を与えています。(誤解を避けるために申し上げておきますが、両者は全く異なるものということであって、優劣について言及しているわけではりません。違いの詳細については、また別な機会にアップしたいと思います。)

  注1: ブロックリムは以前にもありましたが、トニーのリムは、技術
      と接着剤の進歩により、クォリティーが飛躍的に良くなってい
      ます。詳しくは後日。。。

画像



私共がよく使う、「プリウォー(バンジョー)の音」の意味(定義)も、一度明確にしておく必要がありそうです。現代のメーカーの中には、ヒューバーをはじめとし、プリウォーのリムをマニアックなまでにそっくりコピーしようとする人たちがいます。しかし、瓜二つのリムをバンジョーにつけても、その音は、「プリウォーのバンジョーが、1930年代に製作されたばかりのときは、こういう音だったに違いない」という音でしかなく、今私たちが聴くプリウォー・バンジョーの音になるには70年という熟成の年月が必要なわけです。当時と全く同じリムを作ってもプリウォーの音にはならないわけですから、それでもあえてプリウォー・オリジナルバンジョーの音を求めるのであれば、全く異なる発想とアプローチが求められます。そして、プリウォーの音を求めて試行錯誤してきたメーカーやプレーヤーの多くが、トニーのブロックリムを高く評価しています。(注2) 新品のプライリムでは出せない何か、プリウォー・オリジナルバンジョーの音とよく似た何かが、トニーのリムによって生み出される音にはあるのだそうです。

   注2 : 誤解を避けるため、スコットに伝えてくれと言われました。プリウ
        ォーの音が至上の音とか、デザートローズがプリウォーの音の
        再現を目指している、ということではありません。しかし、時代と
        共にプレーヤーや メーカーの求める音が変わっていく中で、近
        年、プリウォーの音が多くの人に求められているのは事実であ
        り、それに関連した製品や話題が取り上げられる機会が多くなっ
        てはいます。とはいえ、それ以外の音を否定するつもりは全くあ
        りません。30年以上に渡り、その時代、その時代に対応しなが
        ら弦楽器を作ってきましたから、各時代のバンジョーの特徴、長
        長所、短所、裏事情も全部知り尽くしています。どんな音を
        求める方にも、適切な対応ができますし、アドバイスを差し上げ
        ることができますので、お気軽にご相談ください。
       
        また、Banjo Hangoutなどでも流行語のように「プリウォー」という
        言葉が氾濫していますが、正確に言うと、スコットは「Old Sound」
        と呼ぶことが適切だと考えているので、これからは(R)も“オール
        ド・サウンド”でいきます。

        面白いことにトニー・パスも、別に“プリウォー”の音をめざしてブ
        ロックリムを作ったわけでもなければ、そう謳って宣伝したわけ
        でもないんですよ。プリウォー・バンジョーの音に似ている云々と
        いうのは、あくまでも、彼のリムを試した専門家やプレーヤーた
        ちによって後から付けられた評価でしかありません。

トニーのリムについては、まだまだ説明不足の点が多くあると思います。少しずつ説明を補っていきますので、しばらくお時間をいただければと思います。先日、トニーがインターネットの番組に出演して、いろいろと面白いことを語っていました。1時間以上の長い番組だったので全部紹介することは難しいですが、皆さんにぜひお知らせしたいことが語られているところは、何回かに分けてアップしていきたいと考えています。トニーのリムに関する、皆さんの疑問がきっと解決されると思います。(R)


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(5件)

内 容 ニックネーム/日時
Desert Monnを弾いた日は、お茶の水で楽器屋のはしごをしまして、他の店でSullivanのBardstownも弾きました。これもよかったです。
また違う店でRecoring Kingも弾きましたがセットアップがぐちゃぐちゃで、コメントできないぐらいでした(^_^;)
ヲガワ
2007/12/06 23:10
ヲガワ様

英語にbar-hopping(はしご酒)という言葉がありますが、「楽器店のはしご」もすごく楽しそうですね。

ビル・サリバンさんが突然亡くなられたことは、残念でなりませんね。ルシアーとしてだけでなく、人間としても素敵な方でした。

「コメントできないくらいぐちゃぐちゃなセットアップ」ですか。。。 まあ、そういうこともあるようなので(笑)、私共がレコーディングキングを販売するときには、すべて組み立て直してお送りしています。先日スタッグホーンの輸入をお手伝いさせていただいたお客様は、レコーディングキングも購入なさったのですが、レコーディングキングのほうが調子が良くて、スタッグホーンの出番が少ないのがお悩みだとか。とても嬉しいコメントです。

(次に続く。。。)

(R)
2007/12/06 23:51
Hello Ogawa san

You make a GREAT comment about the Recording King banjo. A good setup will make a great banjo sound great but a bad setup will kill any banjo sound even the best banjo.

Robby McCoury is using his Recording King banjo in many of his live shows and it sounds fantastic. This is the same basic banjo that you played that sounded so bad. And the reason is one hundred percent setup ability.

続く。。。
Scott
2007/12/06 23:56
続きです

Unfortunately the bad setup is the fault of either the distributor in Japan or the music store and that is sad. This is why all the Recording King banjos I sell have a complete setup including taking the whole banjo apart and reassembling it correctly.

Scott
2007/12/06 23:58
英語が苦手な方のためにスコットのコメントを簡単に訳しますと、「ヲガワさん、レコーディングキングに関してとてもいいコメントをしてくれましたね。上手にセットアップすると音が大変良くなりますが、セットアップが悪いと素晴らしいバンジョーも台無しになってしまいます。Robby McCouryは多くのライブでレコーディングキングを使用し、その音は素晴らしいですが、彼のバンジョーも、ヲガワ様が遭遇したバンジョーも、基本的には同じバンジョーです。それにも関わらず違いがあるのは、100パーセント、セットアップ技術の違いのためです。セットアップが悪いのは、輸入代理店か楽器店の責任であり、非常に残念なことです。こうした理由から、私のところからご購入いただくレコーディングキング・バンジョーは、いったんすべて分解して正しく組み立て直し、セットアップしをしているのです。」とのことです。

いつもヲガワ様には面白い話題を提起をしていただき、とても感謝しています。またコメントをお寄せくださいね。
(R)
2007/12/07 13:43

コメントする help

ニックネーム
本 文
デザートローズ・バンジョーについて(重要な補足) デザートローズ・バンジョー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる