デザートローズ・バンジョー

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬の乾燥対策(4) 【ハードケース内の湿度管理】

<<   作成日時 : 2007/11/21 10:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

『冬の乾燥対策』第4回は、ハードケース内の湿度コントロールに役立つHumidifierを紹介します。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

One more important thing (もう1つの重要なこと)

OK, we have identified many of the primary dangers of winter, you have a
nice case to keep your treasure in, and we have discussed the importance of
using the case correctly. There is one more point to add which will bring it
all together and allow you to rest easy.

冬に潜む危険や、楽器を守るためのハードケースの利用方法について説明してきましたが、最後にもう1つ付け加えておきましょう。

Since the major danger is dryness, the logical solution is humidifying.
There is now available a selection of modestly priced instrument humidifiers
suitable for all instruments.

冬の最大の危険は乾燥ですから、合理的な解決策は適度な加湿をすることです。そこで紹介したいのが、10月31日の記事『Winter is coming! (冬の乾燥対策をお忘れなく) 』でもふれたHumidifierです。これは安価でありながら、非常に効果的です。

These humidifiers are meant to be used inside the case when the guitar etc.
is not being played. They all consist of some style of plastic housing, most
with a sponge like material inside. You simply moisten the sponge, wring
excess water out and insert the unit inside the instrument.

ブラスティック容器の中には、粘土質かスポンジのような物が入っていてますので、それに水を含ませた後、余分な水分を切った上で、ハードケースの中に入れておいてください。

画像


Peace of mind really is that cheap! If you buy one of these devices AND use
it correctly (keeping it moist), you can drastically reduce the chances of
sustaining structural damage to your instrument due to dryness.

これで安心できるなら安いものだと思いますよ。Humidifierを入手して、正しく――乾いてしまわないよう、まめにチェックを!――使えば、乾燥で大切な楽器をダメにしてしまう危険性はぐっと低くなります。

As a final note, I feel that all musicians should understand that owning a
high quality acoustic instrument requires that you know how to care for it.
If the simple things I have discussed were done by more people 60 years ago,
there would be many more wonderful vintage instruments for us today! If you
follow the advice outlined here, your favorite banjo, guitar, etc., will
play better, last a long time and be a valuable asset in years to come.

4回にわたって、冬の乾燥対策について話してきました。高品質な楽器を所有している方は、正しいケアの仕方をぜひ知っておいていただきたいと思います。もしも60年前のプレーヤーが、ここで話したような簡単なケアをしっかりやっていてくれていたら、優れたビンテージ楽器がもっとたくさん残っていたことでしょうに! 皆さんも、大切な楽器を良いコンディションで末永く使っていけるように、ここでご紹介したアドバイスをぜひ実践していってください。


〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜


4回にわたっておつきあいくださり、どうもありがとうございました!

スコットが書いた記事は以上ですが、訳していて気がついたことなどをスコットに聞いてみましたので、そのあたりを少し補足させてください。

Humidifierはいくつかのタイプがありますが、バンジョーの場合は、上の写真のような、小さな容器タイプが便利です。だいたい800円くらいで売られているようですね。インターネットで検索してみてください。(「humidifier」だけで検索すると他の物がいっぱいひっかかってしまうので、「ギター」などのキーワードを足してみてください)

具体的な使い方を説明しようと思ったのですが、タケダ楽器さんのサイト(http://www.rakuten.co.jp/takedagk/)にとても丁寧に説明されていたので引用させていただきます。

=================================

《乾燥気味のとき》

1 ふたを開け容器の中に水を含ませます。
2 しばらくしたら、ふたを閉め容器をさかさまにして中の水分を切ります。
3 容器の周りについた水分をタオルなどでふき取ります。
4 楽器と一緒にケースに保管してください。
5 時々容器の中に触れてみて、水気がなければ1から繰り返してください。

《湿度の高いとき》

1 水分を入れない状態で楽器と一緒にケースに保管してください
2 時々容器の中をみて、容器の内側に水敵がついているようでしたら
  乾燥させて(陽に当てるなど)再び楽器と一緒にケースに保管してください

※繰り返す頻度はその環境によって異なります。
※あまり頻繁に繰り返さなければならないときは、複数の御使用をお勧めします。
    
=================================

今回の記事は冬の乾燥対策がテーマでしたので、Humidifierを除湿のために使うことについてはふれませんでしたが、粘土質のHumidifierの場合は↑で説明されているような除湿効果も若干あるのは事実です。ただし、Humidifierを加湿と除湿の両方の目的に使うのであれば、用途の切り替え時期をご自分できちんと管理しなければなりませんね。梅雨の時期に除湿のために入れたHumidifierのことをすっかり忘れてしまい、冬の間、かえって乾燥が進んでしまったなんてことにならないよう十分に気をつけてください。Humidifierの本来の目的はあくまでも加湿ですので、乾燥する冬の間だけケースに入れておくのが基本です。それと、しつこいようですが、いったんHumidifierをケースに入れたら、必ずまめにHumidifierが乾いてしまっていないかチェックしてください。“正しく使う”ことが何よりも重要ですよ。

昨日の記事を読んでくださったkm様から、ハードケース内の湿度を管理するのは難しいと思い込んでいたという趣旨のコメントをいただきました。(コメントありがとうございます! ブログを更新する大きな励みになります。) これに対するスコットのコメントはとても明快だったので、紹介しておきたいと思います。(コメント欄を見落とした方もいらっしゃると思うので。。。) 

 「部屋や家全体の湿度を管理することに比べたら、小さなハードケース内の
  湿度を管理することのほうが遥かにラクですよ」(by Scott)

読者の方からいただいた質問がきっかけで、冬の乾燥に関して付け足しておきたいことを思いついたそうなので、またアップする予定です。待っててくださいね〜 (R)


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
冬の乾燥対策(4) 【ハードケース内の湿度管理】 デザートローズ・バンジョー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる