デザートローズ・バンジョー

アクセスカウンタ

zoom RSS 冬の乾燥対策(2) 【楽器に使われる木材について】

<<   作成日時 : 2007/11/19 20:36   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

「冬の乾燥対策」の第2回では、楽器に使われている木材について理解を深めていただこうと思います。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜
Instrument wood (楽器に使われる木材)

It is necessary to understand a little about wood to fully understand why
this is true. Most musical instrument wood is dried to a 7% to 10% moisture
content. However, the wood will forever allow moisture to pass into and out
of its structure. When the air is wetter, there will be moisture absorbed by
the wood , and when its dryer the wood looses water.

冬のケアの大切さを理解していただくために、まず、楽器に使われている木材についてお話しましょう。楽器製作には通常、含水率7〜10パーセントに乾燥された木材が使われますが、この数字は製作後の環境によって変化します。ご存知のように、高湿度であれば木が湿気をを吸収し、低湿度では湿気を放出するからです。

When the instrument is made of spruce top, rosewood back and sides,
mahogany neck with ebony fretboard glued to the neck, and nickel silver
frets wedged into the fret slots, you have each piece of wood gaining or
loosing moisture at different rates within the instrument when severe
moisture changes occur! You have different amounts of stress going in
different directions at the same time. THIS is where the pressures come from
that result in the glue joints pulling themselves apart. And if the joints
don't fail, the actual wood can crack. This is also the action that is
causing the fancy flame maple neck to twist itself like a corkscrew. Each of
those curls in the wood represents a "wave" in the grain structure. This
wave has a hard spot and a softer area. The moisture loss makes the hard
area want to go one direction at one rate, while the soft area wants to do
something totally different. The result is a warped, twisted or wavy neck,
that will never go back to where it originally was.

一口に木材と言っても、「表板はスプルース、裏板と側板はローズウッド、ネックはマホガニーで、ネックに接着された指板はエボニー・・・」というように、楽器には数種類の木材が使われています。 周囲の湿度が極端に変化した場合、それぞれのパーツは、吸収したり放出する水分量が異なるため、伸縮の仕方もまちまちで、1つの楽器の中でさまざまな方向に引っ張る力や押す力が働きます。(注1)  これが原因となって、接着箇所がはがれてしまうこともあれば、もっとひどい場合は、接着箇所がはがれない代わりに木部にヒビが入ってしまうこともあります。フレイムメイプル(注2)のネックがねじれてしまうのも同じ理由です。フレイムメイプルの美しい模様は繊維の波打ちから生じるものですが、この波状の繊維(組織)には硬い部分と柔らかい部分があり、湿気を吸収すると不規則に膨張します。その結果が、ネックの反り、ねじれ、波打ちであり、一度こうなってしまうと、2度と元の形状に戻ることはありません。

注1:単に木材の種類が違うというだけでなく、塗装の有無や接着材が使用されているいないなど、さまざまな要因が影響します。

注2:フレイム・メイプルについて(R)が少し調べてみました。http://www.fuchu.or.jp/~kagu/siryo/moku.htmでは、縮杢 (木目が波状に縮んでしわがよったように見える杢)と説明されています。成長過程でねじれと復元を繰り返した結果、組織(繊維)が波状に変化したことで現れる杢目であって、いわゆる木目(grain of wood)とは違うんですね。
下の写真をご覧ください。わずかに見えている側面を見ると、平行に走る柾目に対して、フレイムのパターンが垂直方向に出ているのがはっきり見えますね。

画像


画像


To finalize the point, if the humidity changes or the temperature changes,
the wood will take or loose water and it will want to move.
It is important to realize the relative humidity in a home in winter can
easily be below 10%. These conditions are a prelude to possible disaster.

Most instrument makers want a workshop environment of about 40% humidity.
This is compatible with most instrument wood . This allows instruments to be
shipped worldwide to slightly higher or lower humidity ranges with little or
no concern.

湿度や気温が変わると、木の含有水分量が変化して変形しやすくなるということを、よくご理解いただけましたでしょうか。暖房によって室内の湿度が10%を下回ることはよくありますが、こうした乾燥は楽器にとって好ましいものではありません。楽器メーカーは、工房の湿度を40%に保つように気を配っています。40%という湿度は、楽器に使用されている木材のほとんどにとって最適な湿度であり、この環境で作ることによって、湿度が多少異なっても、世界の各地へ楽器を輸出することが可能となるのです。

If the guitar, mandolin etc. is exposed to higher levels of humidity the
wood will absorb some moisture. If the humidity drops the wood will release
moisture to the air. Experience has shown that instruments are relatively
unaffected by exposure to higher humidity levels (as far as damage is
concerned). However, moisture loss is another subject! Again, experience has
shown that when humidity drops extremely low or extremely fast, the
resulting loss of moisture and shrinkage of the wood cause different ways
the wood moves. The results can be glue joints coming apart, cracks, warped,
twisted necks, loose braces and loose and uneven frets. The tops of wood
bodied instruments can drop so much that the strings will buzz. Often these
strange buzzes will disappear when the humidity raises again. A very common
example of damage due to acoustic guitars is cracks around the pickguard.
These occur because the wood top is shrinking and expanding at a rate
different than the plastic pickguard.

ギターにしろ、マンドリンにしろ、湿度が高くなれば湿気を吸収し、湿度が低くなれば湿気を放出します。経験からいうと、高湿度による楽器へのダメージは限定的ですが、乾燥は深刻な問題を引き起こす可能性があります。湿度が極端に、また急速に下がると、水分を失った木材は収縮し、さまざまな方向に変形がおこります。その結果、接着部の剥がれ、ヒビ、ネックのそりやねじれ、補強材の緩み、フレットの浮きなどが生じたり、ウッドボディーの表板が沈むと、弦がビビることもあります。(ただし、このビビりは、湿度が再び上がると自然に解決することが多いです) アコースティックギターのピックガード周辺にヒビが入ることがありますが、これは、プラスティック製のピックガードと木材である表板の伸縮率が異なるために起きる現象です。

画像

               すでに修復されていますが、木部にヒビが入ってしまったケースです。

To address banjo players concerns specifically, while banjos don't have the
worries of the wood bodied instruments, banjos have very long and thin
necks. These are often made of beautiful flame maple or other figured grain
wood. The use of this wood is sometimes considered important for a top
quality banjo. Unfortunately, figured wood is known to be extremely unstable
at times, and it is quite susceptible to the dangers of heat, cold and
humidity changes.

バンジョーに関して言えば、ギターやバイオリンのようにウッドボディーを持つ楽器ほど心配の種は多くありませんが、最も心配なのは、薄くて長い“ネック”です。高級なバンジョーほど、ネックにはフレイムメイプルなど、杢目の美しい木材が使用されていますが、残念なことに、温度や湿度の変化に影響されやすく、不安定な材なのです。

The other primary concern is to the frets and the playability of the
instrument. With the unfinished fretboard wood moving with the weather
changes, it is not uncommon for the frets to lift away from the fretboard
causing any number of buzzes, rattles, muted notes and more. A very annoying
problem can occur when the fretboard shrinks and the fret ends are exposed.
This can give your neck the feeling of a saw blade! In the worst case, if
your neck has decorative binding this shrinkage and exposed frets can cause
the binding to come loose. And at times the frets can actually push through
the binding! All these points add up to it being a good idea to be
concerned about winter effects, or it may soon concern your repairman!

乾燥によって引き起こされる問題は、あと2つ。フレットと、プレイアビリティーです。ラッカーやニスの皮膜塗装が施されていない指板は湿度変化の影響を受けやすく、乾燥によって収縮するとフレットの浮きが生じ、音のビビり、弱音化などにつながることがあります。また、指板の収縮によってフレットの先端が少し飛び出すと、まるでノコギリのようなネックで演奏することになるでしょう! ネックにバインディングが施されていると、最悪の場合、フレットに押されたバインディングが剥がれたり、割れてしまうこともあります。

冬は注意が必要だということが、分かっていただけたでしょうか。修理に出すはめにならないよう、十分に気をつけたいですね。

〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜*〜

ここで紹介されていた問題は、数々の修理を手がけてきたスコットが実際に目にしてきたものばかりなんですよ。さて、次回はいよいよ、「大切な楽器を冬の乾燥から守るために簡単にできること」をお話ししますので、どうぞお楽しみに! (R)


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
冬の乾燥対策(2) 【楽器に使われる木材について】 デザートローズ・バンジョー/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる